/


    初期運用の概要(打上延期(1/18)反映済)

    【重要:NEXUS打上延期に関して】
    2019年1月17日に予定されていた打ち上げが18日に延期となりました.詳細はJAXAプレスリリースをご覧ください.なお,最新情報は「最新ニュース」にて随時お知らせいたしますので,こちらも併せてご確認ください.




    本衛星は,イプシロンロケット4号機によって,2019年1月17日18日(JST),鹿児島県にある「JAXA,内之浦宇宙空間観測所」より打ち上げられます.打ち上げから4100秒後,ロケットより分離されます.分離と同時に衛星に電源が投入され,電源投入から16分40秒後に,テレメトリー情報が衛星よりCWにて出力されます.初期運用のタイムスケジュールは以下の通りです.


    時間(UTC) 時間(JST) 時間(打上基準) 事象
    0:50:20
    〜0:59:37
    9:50:20
    〜9:59:37
    0 s イプシロンロケット4号機打ち上げ
    1:58:40
    〜2:07:57
    10:58:40
    〜11:07:57
    4100 s NEXUS分離,衛星電源ON
    2:15:20
    〜2:24:37
    11:15:20
    〜11:24:37
    5100 s CW放射開始(テレメトリ―情報)

    本衛星の分離直後のTLEは以下の通りです(2019/01/15更新).

    NEXUS
    1 99999U 99999A   19018.08240741 0.00000000  00000-0  00000-0 0  9995
    2 99999  97.2200  80.5863 0014000 196.1000 199.2528 15.22513194    08


    出力周波数は以下の通りです.
    CW/FM437.075MHz

    初期運用の詳細については下記リンク「分離直後のTLE」,「初期運用に関して」,「CWテレメトリフォーマット」をご覧ください.なお,衛星分離後1週間を目途に,FMパケット通信を用いたHKデータダウンリンクを予定しています.これについては,運用情報ページにてお知らせをさせて頂く予定です.


    分離直後のTLE(2019/01/15)


    初期運用に関して(2019/01/15)


      CWテレメトリフォーマット