CubeSat 「SEEDS」の打ち上げ結果と今後について


平成18年8月8日
日本大学CubeSatプロジェクトチーム
  日本大学理工学部航空宇宙工学科が開発したCubeSat 「SEEDS(シーズ)」の打ち上げが平成18年7月27日4時34分(日本時間)に行われましたのでご報告いたします。CubeSat「SEEDS」は、日本大学理工学部航空宇宙工学科の学生たちが2001年から約4年かけて開発した10cm立方、1kgの超小型人工衛星です。今回の打ち上げでは、ロケットに「SEEDS」を含む14機の超小型人工衛星とベラルーシ初の人工衛星である「Belka」を含む4機の小型・中型衛星が搭載されていました。
SEEDS
Fig.1 CubeSat「SEEDS」

Dnepr
Fig.2 打ち上げロケット「Dnepr」
衛星搭載図
Fig.3 各衛星搭載図
  Dnepr7号機の打ち上げは、平成18年7月27日4時34分に、カザフスタン共和国内のバイコヌール宇宙センターより、予定通り実行されましたが、打ち上げてから約1分強で1段目のエンジンが緊急停止し、ロケットは打ち上げ地点から南に150kmの地点に落下したもようです(衛星打ち上げ会社であるISCコスモトラス社のウェブサイトによる公式発表)。下記の画像は、今回の打ち上げを見学に行った学生が撮影したもので、その学生の話によると打ち上げ初期は問題があるようには見えなかったと言っています。このビデオ映像を確認すると、打ち上げ後1分強でロケットの炎が消失したのが確認できました。


Fig.4 打ち上げ直後

Fig.5 SiloからDneprが現れる
5
Fig.6 上昇を続けるDnepr

Fig.7 しばらくして炎が大きくなる

Fig.8 直後に炎がかすれ始める

Fig.9 炎が消失
  コスモトラス社によると、打ち上げ後からロケット落下までの間のテレメトリデータは取得できているので、8月末までに解析結果を公開するとのことです。それまで、詳細なエンジントラブルの原因はわかりません。
  今回の打ち上げは失敗に終わり、これまでがんばってきた証を示すことができないことは非常に残念で仕方ありません。しかし、私たちのSEEDSにはバックアップ機があり、現在、このバックアップ機を2007年度内の打ち上げを目標に計画を進めております。そして、SEEDSバックアップ機の打ち上げを実現するために、私たちは現在、以下の作業が必要であり、一部はすでに作業を開始しております。
  1. 新たな打ち上げ機会の獲得作業(来年または再来年の打ち上げを目標)
  2. 新規無線局落成のための準備作業
  3. 太陽電池セルの購入(その後、装着作業)
  4. 2次電池の購入
また、打ち上げまで期間があるため、私たちはSEEDSのソフトウェアのバグ修正や機能拡張を行います。作業項目は以下を予定しております。
  1. 制御ソフトウェアの修正
  2. デジトーカ機能の拡張1(デジトーカの録音内容の公募を計画中)
  3. デジトーカ機能の拡張2(デジトーカにSSTV信号を録音することを計画中)
  4. 指定文字パケットダウンリンクの取り扱い文字数拡大
  最後に、打ち上げは失敗に終わりましたが、ここまでくるのに非常に多くの方々に大変お世話になりました。Cal Poly、UNISEC、総務省、関東総合通信局、JARL、JAMSAT、武蔵野電機梶A叶シ無線研究所、シャープ鰍ネど多くの方々に支えられながら、私たちは衛星開発を行ってまいりました。ありがとうございました。そして、私たちは今回の失敗に屈することなく、これからも衛星開発を続けていきます。皆様、これからも、多大なるご支援をよろしくお願い申し上げます。   簡単ではございますが、SEEDS打ち上げ報告とSEEDSバックアップ機の今後についてご報告いたしました。
本ページのPDFファイルをご覧になりたい方はこちら(PDFファイル258KB)をクリックして下さい。
Adobe

当サイトはPDF形式の情報があります。
Adobe Readerをお持ちでない方はこちらのバナーをクリックし、
Adobe Readerをダウンロードしてからご覧ください。(無料)
※ Acrobat 及び Acrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。