/

SPROUT



    【SPROUT PROJECT】
    SPROUT(SPace Research On Unique Technology:スプラウト)は日本大学で3機目の超小型人工衛星です.一辺20cmの立方体の形をした衛星主部と,全長約1.5mにも及ぶ複合膜面構造部から成り立ちます. SPROUTのメインミッションは, この複合膜面構造物を展開する「複合膜面構造物の展開実証実験」となります.またこの他にも衛星に搭載したカメラと姿勢制御系を駆使した「地球画像の撮影」,音声データや画像データを宇宙から地上へ配信する「アマチュア無線ミッション」など様々なミッションを行います.
    「SPROUT」には日本語で「新芽」「子孫」「若者」あるいは「芽を出す」「急速に成長する」といった意味があります. SPROUTは,SEEDSに続く超小型人工衛星プロジェクトとして,2005年の冬に開発が始まりました.開発を始めるにあたって,SEEDSの開発で培った技術を受け継ぎ,それを飛躍させ将来の宇宙開発に繋がるような自分たち独自の技術,つまりはアイデンティティを獲得・確立しようという意味を込めてSPROUTと名付けました. SPROUTはH-IIAロケットALOS-2相乗り小型副衛星として,2014年5月24日(土)に種子島宇宙センターから,ALOS-2と他の小型副衛星3機と共に打ち上げられました.現在も地球へ電波を送り続けております.(2014年10月8日更新)