/

SPROUT



    【Operation】
    運用とは宇宙に打ちあがった人工衛星に命令を送信したり,衛星の状態やミッションデータを地球局で受信したり,私達が衛星とコミュニケーションを取るための唯一の方法です. さらにSPROUTが打ち上がる軌道では,1日に10分間程度の運用を限られた回数しか行えません. 私達は運用シーケンスを打ち上げ前から考えています.それは運用する人工衛星のことをよく理解し,運用してあげなければコミュニケーションが取れないためです.