/

SPROUT



    【アマチュア無線周波数帯の利用】
    私たち(日本大学超小型人工衛星開発プロジェクトチーム)が開発した超小型人工衛星は,アップリンクに144MHz帯,ダウンリンクに430MHz帯のアマチュア無線周波数帯の利用いたします. 私たちは,以下の考え方に基づき,アマチュア無線周波数帯の利用を進めています.

    アマチュア局開設理由書:pdfファイル(25年5月1日更新)[110KB]

    開設を希望する理由書


    当社団局(日本大学理工学部航空宇宙工学科アマチュア無線局)はアマチュア無線従事者を含む学生の手により自主製作した超小型人工衛星にアマチュア無線通信を行う人工衛星局を開設し,この人工衛星局を利用してアマチュア無線周波数帯による無線運用を行うことを希望します.この無線運用は,金銭上の利益を目的とするものではなく,当社団局のアマチュア無線従事者を含む,多くのアマチュア無線従事者が当社団局の運用する人工衛星を利用することで,個人的な無線業務の興味を啓発し,無線通信技術の自己訓練および研究を促進することを目的とするものです. 当社団局はこの目的を達成するため,次の項目を実施します.

    (1) 当社団局のアマチュア無線従事者を含め,アマチュア無線従事者全体に対して無線通信技術および研究の機会を提供します.
    (2) 当社団局のアマチュア無線従事者が,他のアマチュア無線従事者との技術的交流を行いながら人工衛星局の運用を行うことで,自身の無線通信技術の自己訓練および研究を行ないます.

    (1)の具体的な内容は次の通りです. 1) 当社団局の人工衛星局は,人工衛星の状態を示すデータを地上のアマチュア無線局に対してCW送信機を用いて送信します.また,当社団局はインターネット等を通じて送信したデータの内容に関する情報や受信したデータを解析するためのソフトを公開します.当社団局の従事者を含むアマチュア無線従事者は,このCWデータを受信し,当社団局が公開するCW送信データに関する情報をもとに,自身のCWデータの受信技術を評価し,受信技術の向上を促進します.

    2) 当社団局の人工衛星局は,人工衛星に搭載したセンサ(温度センサ,角速度センサ,地磁気センサなど)が取得したデータ,および,人工衛星に搭載したカメラを用いて軌道上で撮影した画像データを地上のアマチュア無線局に対して人工衛星局に搭載したFM送信機を用いてパケット送信を行います.また,当社団局はインターネット等を通じて送信したデータの内容に関する情報,および,受信したデータを解析するためのソフトを公開します.当社団局の従事者を含むアマチュア無線従事者は,受信したFMパケットデータと,当社団局が公開するFMパケットデータに関する情報を元に,自身のFMパケットデータの受信技術を評価し,受信技術の向上を促進します.

    3) 当社団局の人工衛星局は,人工衛星に搭載したカメラを用いて軌道上の様々な場所で撮影した画像をSSTV(Slow Scan TeleVision)信号に変換する機能を搭載し,SSTV信号に変換した画像を地上のアマチュア無線局に対して人工衛星局に搭載したFM送信機を用いて送信します.また,地上のアマチュア無線局からSSTV信号で送信するカメラの撮影画像について,撮影タイミングなどのデータを当社団局の人工衛星局にアップリンクし,画像撮影を行いSSTV信号の送信を行います.当社団局の従事者を含むアマチュア無線従事者は,受信したSSTV信号を画像に再変換し,内容および受信状況を確認・評価することで,受信技術の向上を促進します.

    4) 当社団局の人工衛星局は,予め地上で録音された音声を記録したデジトーカを搭載し,録音した音声を地上のアマチュア無線局に対して人工衛星局に搭載したFM送信機を用いて送信します.当社団局の従事者を含むアマチュア無線従事者は,受信した音声データの内容および受信状況を確認・評価することで,受信技術の向上を促進します.

    5) 当社団局の人工衛星局は,地上のアマチュア無線局から送信された文字や音声データを中継するデジピート機能を搭載します.当社団局の人工衛星が地上局の可視範囲に入ったときに地上へと送る文字や音声のデータと人工衛星局から文字や音声のデータの送信を開始する時刻データなどを人工衛星局にアップリンクし,人工衛星は一時的に受信したデータを保存します.そして,指定した時刻に地上のアマチュア無線局に対して,人工衛星局に搭載したFM送信機を用いて送信します.文字デジピートは人工衛星局が受信した文字データを地上のアマチュア無線局に対してFMパケットデータとして送信し,また,音声デジピートは人工衛星局が受信した音声データを一度デジトーカに保存しておき,地上のアマチュア無線局に対して音声データとして送信します.当社団局の従事者を含むアマチュア無線従事者は,これらのFMパケットデータや音声データを受信し,内容および受信状況を確認・評価して,受信技術の向上を促進します.

    6) 次に,(2)の実施項目の具体的な内容は次の通りです.当社団局の構成員は当社団局の地上無線局のFM送信機を用いて,当社団局の地上無線局から当社団局の人工衛星局に制御コマンドを送信します.この送信データの人工衛星局による受信状況を確認・評価することで,人工衛星局との交信技術および人工衛星の無線運用技術の向上を図ります.

    7) 人工衛星の無線運用技術の向上には,より多くのデータを人工衛星局から受信することが重要と考えています.しかしながら,当社団局の人工衛星局の運用軌道の特性により,当社団局の地上無線局が当社団局の人工衛星局からのデータを受信する通信可能時間は限られたものとなります.そこで,多くのアマチュア無線局に各地でそれぞれ受信していただき,それらのデータおよび受信状況に関する情報を当社団局と共有していただくことにより,当社団局の構成員の人工衛星無線運用技術の自己訓練に役立てることができると考えています. 当社団局の人工衛星局の特徴としては,次の3点が挙げられます.

    @ デジトーカを搭載し音声データの送信を行います.
    A 人工衛星局に搭載されたカメラを用いて撮影した画像データをSSTV信号に変換する機能を搭載し,SSTV信号の送信を行います.
    B 当社団局の人工衛星局には,送信側に430MHz帯,受信側に144MHz帯をそれぞれ2系統搭載し,1系統はアマチュア無線従事者に利用して頂くために回線を開放し,無線技術の鍛錬に利用して頂きたいと考えています.また,双方向の回線を解放することで,アマチュア無線従事者が直接,当社団局の人工衛星局に対して文字や音声データの送信を行うことが出来ます.さらに,当社団局の人工衛星に搭載したカメラの撮影用のコマンドを解放し,撮影した画像をSSTV信号で送信することが出来ます.

    音声データやSSTV信号データは,数値データなどのパケットデータとは異なり,受信した瞬間に内容を把握することが可能です.また,音声データやSSTV信号の受信には,特殊な無線受信装置を必要としないため,人工衛星局との通信をこれまでに行ったことのないアマチュア無線従事者に対して,人工衛星局との通信を通してより楽しく無線技術の向上に貢献できると考えています.また,SSTV信号はデジタル通信とは異なり,同じ画像であっても受信環境に応じて画像に変化が生じるため,宇宙通信に関する技術向上の促進に貢献できると考えています.
    また,当社団局の人工衛星局に搭載する無線局を1系統解放することで,アマチュア無線従事者に無線技術の鍛錬の場の1つとして利用して頂き,また,当社団局のアマチュア無線従事者も,この回線を通して他のアマチュア無線従事者と技術的な交流を行うことで,自身の無線通信技術の自己訓練および研究を行ないます.
    また,当社団局が教育機関内にあり,当社団局の構成員が航空宇宙工学を専門とする教員および学生であることから,宇宙工学と衛星通信技術とを絡めて情報を公開することができ,より多くのアマチュア無線従事者および国民に無線通信に関する理解を深めていただく機会を提供することができます.

    このように,当社団局が製作し運用する人工衛星はアマチュア無線業務の目的とし,当社団局のアマチュア無線従事者を含む,アマチュア無線従事者の無線通信技術の自己訓練および研究の場の1つとして利用して頂きたいと考えています.また,より多くの人々に衛星通信への関心を持ってもらうことを目標としています.そして,当社団局の人工衛星局を運用することにより,より多くのアマチュア無線従事者および国民に無線通信に関する機会を提供する架け橋になることを希望します.
    以上のように,当社団局が製作し運用する人工衛星はアマチュア無線業務の目的に適合し,アマチュア無線従事者の無線通信技術の自己訓練および研究に高く寄与するものであるため,当社団局の人工衛星にアマチュア無線局を開設することを希望します.

    以上