/

SPROUT

    【論文/発表】

    2009年度 ・椋本佳宏,山崎政彦,長船隼祐,池田雅央,伊藤美樹,井上祥子,早瀬亮,藤井大輔,宮崎康行,中村義隆,「超小型人工衛星による膜面構造物展開実証」,第53回宇宙科学技術連合講演会CD-ROM講演集,JSASS-2009-4335,pp.1546-1551,2009年9月9日−9月11日,京都大学,京都.
    2012年度 ・山崎政彦・日本大学超小型衛星開発プロジェクトチーム・宮崎康行,「ALOS-2小型相乗り副衛星SPROUTミッションの概要」,信学技報, vol. 112, no. 107, SANE2012-34, pp. 77-81, (宇宙応用シンポジウム), 平成24年6月28日−6月29日, つくば宇宙センター, 2012.
    ・磯村哲矢, 山崎政彦, 荒木友太, 相浦啓司, 村田亮, 日本大学衛星開発チーム, 宮崎康行, 「超小型人工衛星「SPROUT」の開発状況」, 第56 回宇宙科学技術連合講演会講演集, 1L15, JSASS-2012-4237, pp.1-6, 平成24年11月20日−22日, 別府国際コンベンションセンター, 2012.
    ・嶋崎信吾, 日本大学衛星開発チーム, 宮崎康行", 第21回スペース・エンジニアリング・コンファレンス,P12, p.1, 2013年1月25日−26日, 祝戸荘, 奈良.
    2013年度 ・Tetsuya Isomura,Yuta Araki,Tatsuya Yoshino,Masaki Kano,Masahiko Yamazaki,Yasuyuki Miyazaki,"Analysis Method of Deployment Mechanism of Panel Structure for Micro Satellite",29th International Symposium on Space Technology and Science,C-25,June 2-9, 2013,Nagoya-Aichi,Japan
    ・Shingo SHIMAZAKI,Ryo MURATA,Masahiko YAMAZAKI and Yasuyuki MIYAZAKI,"Deployment Mission of Inflatable Membrane Structure of Nano-Satellite'SPROUT',29th International Symposium on Space Technology and Science,June 2-9, 2013,Nagoya-Aichi,Japan
    ・Atsushi Tanaka,Masahiko Yamazaki,Yasuyuki Miyazaki,"Attitude Determination and Control of SPROUT",29th International Symposium on Space Technology and Science,June 2-9, 2013,Nagoya-Aichi,Japan
    ・藤原彰太,日本大学超小型人工衛星開発チーム,山崎政彦,宮崎康行,「ALOS-2小型相乗り副衛星「SPROUT」の開発状況」, 第57 回宇宙科学技術連合講演会講演集, 1A02, JSASS-2013-4003, pp.1-6, 平成25年10月9日−11日, 米子コンベンションセンター, 2013
    ・磯村哲矢,日本大学超小型人工衛星開発チーム,山崎政彦,宮崎康行,「超小型人工衛星「SPROUT」用分離機構の開発報告」, 第57 回宇宙科学技術連合講演会講演集, 2C01, JSASS-2013-4295, pp.1-6, 平成25年10月9日−11日, 米子コンベンションセンター, 2013
    ・山崎政彦, 日本大学超小型人工衛星開発チーム,宮崎康行, ,「ALOS-2小型相乗り副衛星「SPROUT」の開発」,第22回スペース・エンジニアリングコンファレンス,講演集,D01,pp1-6,平成25年12月20−21日,日本大学理工学部駿河台校舎 ,2013
    2014年度 ・Kyohei Mita, Masahiko Yamazaki, Yasuyuki Miyazaki,"Early Orbit Phase of Deployment Mission of Inflatable Membrane Structure of Nano-Satellite "SPROUT"",6th European Cubesat Symposium, Estavayer-le-Lac, Switzerland, Octorber 14-16, 2014
    ・大日向健人,日本大学超小型人工衛星開発チーム,山崎政彦,宮崎康行,「複合膜面構造物展開実証衛星「SPROUT」の運用速報及び今後の予定」, 第58回宇宙科学技術連合講演会講演集,2K01,JSASS-2014-4513,pp1-6,平成26年11月12日―14日,長崎ブリックホール,長崎新聞文化ホール

    【書籍】

  • 人工衛星をつくる -設計から打ち上げまで-
  • 著者:宮崎 康行 著
  • 定価:1944円(本体1800円+税)
  • A5 232頁
  • 2011年11月 発行

  • 次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!  人工衛星製作は、専門機関だけでしか行えないものではありません。本書は、実際に超小型人工衛星を製作し、宇宙に打ち上げ、宇宙で運用している著者が、超小型人工衛星開発の方法を書き起こした書籍です。人工衛星はどのように開発されているのか。難しすぎる製作理論の教科書ではない、開発には何が必要なのかを、コラム等を交えながら解説しています。 [日本図書館協会選定図書]
    ★このような方におすすめ
    宇宙技術、衛星技術に興味を持っている学生・社会人


  • CanSat -超小型模擬人工衛星-
  • 編集:大学宇宙コンソーシアム 編集
  • 定価:1944円(本体1800円+税)
  • A5 280頁
  • 2014年4月 発行

  • 宇宙を目指すすべての方へ。“缶サット”プロジェクトを成功に導くための解説書  空き缶を使った超小型模擬人工衛星「CanSat(缶サット)」は、手軽に宇宙開発を体験できる優れた学習教材です。本書は、これからCanSatを作ろうとする方を対象に、CanSat開発の意義、必要となる考え方や心構えのほか、設計から組み立て、試験前検証、実際の実験など開発で必要となる技術を詳細に解説しています。さらに、実際の衛星開発との対比も随所に示していますので、本物の衛星の開発・利用の基礎となる知識を学ぶことができます。
    ★このような方におすすめ
    宇宙技術、衛星技術に興味を持っている学生・社会人
    オーム社Webサイトへ