Reception reports

SPROUTからの電波を受信した方は受信報告をお願いします。SPROUTの状態を解析するために1つでも多くのデータが必要です。ご協力よろしくお願いします。また、QSLカードの発行もこちらで受け付けています。

受信にはアマチュア無線資格は必要ありませんので、一般の方で受信をしてみたい!という方は、こちらのページ等をご参考にしてください.(Google Chromeで文字化けする方は,「設定」よりエンコードを[Shift_JIS]に変更するか,Internet Explorerでアクセスしてみてください)人工衛星の電波を受信しているアマチュア無線家で構成された日本アマチュア無線協会という団体があり、人工衛星の電波を受信するために必要な設備、知識などをホームページにて分かりやすく解説しています。

送信データフォーマット
受信報告時に送信していただくダウンリンクデータは以下の受信報告フォームにアップロードをお願いします。そのままのデータ(.txt)を加工せずに送信してください。

QSLカード
私たちのQSLカードは、CW用とFM(AFSK/GMSK)パケット用、デジトーカー用、SSTV(14枚)用、MessageBox(音声・文字)用、カメラShutter用の計19枚を用意しています。なお、デジトーカー用及びSSTV用のQSLカードはシークレットカードとなっております。
QSLカード送信の条件
以下の条件が満たされている場合にQSLカードを送信いたします。
CW:コールサイン、衛星名、が受信されている
FM:1パケットを完全に受信できている
デジトーカ:デジトーカ内のキーワードがわかる
SSTV:SSTV画像を受信できている

QSLカード送付について
QSLカード送付方法の選択について、「JARL経由」か「直接」を選択してください。

◆「JARL経由」の場合
以下のフォームにてコールサインを忘れずに入力して下さい。後日JARL経由でQSLカードを送付いたします。
※「JARL経由」はJARL会員の方のみ利用できます。
※「JARL」経由の方はコールサインの入力が必須です。

◆「直接」の場合
以下のフォームで受信報告した後、郵便番号、住所、氏名をあらかじめ封筒に記載し、返信用切手を貼ったものを当研究室宛てにお送り下さい。折り返し、送られてきた封筒にQSLカードを入れ送付致します。(封筒は大きめの物をご用意下さい) 宛先は、

〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1
日本大学理工学部航空宇宙工学科宮崎研究室3号館323室
」 まで。

注意事項:
※お名前、E-mailは必須入力です。但し、その情報は厳重に管理し、QSLカード発送のご連絡のみに使用いたします。
※皆様から報告していただいたデータのうちSSTVのデータはSPROUTのOHPにて公開させていただいております。公開、非公開の希望をチェックして下さい。非公開を希望された方の情報は一切公開致しません。

We really appreciate your reports when you received the radio waves from SPROUT. Your data is used to analyze the state of the SPROUT. We need your help! Also, we accept your request for issuance of QSL card here.

It is not required for amateur radio license to receive the radio wave from the satellite. If you want to try receiving the radio wave, please refer to this page, and so on. There is a group called Japan Amateur Radio League (JARL), which consists of amateur radio operators who are receiving the radio waves from satellites. JARL has clearly explained about the equipment necessary to receive the radio waves from the satellite and their knowledge on their website.

Transmission data format
When you report the downlink data from SPROUT, please upload the raw data (text data) into the form below.

QSL card
We offers a QSL card (total of 19 types) for the expression of our thanks to you for receiving CW and FM (AFSK / GMSK) packets, Digitalker SSTV (14 types), Message Box (voice, text) and for camera Shutter. The QSL cards for Digi-talker and for SSTV are "special" cards. In case that you received the digitalker sound, please input the keywords in the sound into the form below.
QSL card requirement
Recived these sentence or data below.
CW:Callsign + Satellitename
FM:Complete one packet data.
Digi-talker:key word form digi-talker
SSTV:SSTV photo data

About shipping of QSL card
Please select either "JARL via" and "direct" as the shipping method of QSL card

◆In the case of "via JARL"
Please write your call sign in the form below. We will send you a QSL card via JARL at a later date.
※The " JARL via" can be used only by JARL members.
※You should input your call sign when you chose "via JARL".

◆In the case of "direct"
After sending the report using the form below, please send a self-addressed stamped envelope to our laboratory.
We will return the envelope with the QSL card. (Please prepare a large envelope)

The address of our laboratory is ,

"Miyazaki Laboratory, Room 323, Building 3
Department of Aerospace Engineering, College of Science and Technology, Nihon University
7-24-1, Narashinodai, Funabashi, Chiba, 274-8501, Japan "

Notes:
※Name, E-mail are required in the form below. We manage the personal information strictly and use it only to contact you to inform you the shipment of the QSL card.
※We are planning to publish all received data about SSTV on our website. So, we want you to check Yes or No in "Authorization for disclosure of personal information".

[ Reception reports form]

お名前(必須):
Name(Required):

Eメールアドレス(必須):
Email(Required):

参考TLEもしくは軌道情報:
Reference TLE or orbit infomation:

コールサイン(識別信号):
Callsign:
※「JARL」経由でQSLカードの送付を希望される方は必須です。
※It is needed if you choose to receive QSL card via "JARL".

QSLカード送付方法 :
Shipping method of QSL card :
 JARL経由(Via JARL) 直接(Direct)

受信データの公開(必須):
Authorization for disclosure of personal information (Required):
※公開を許可する項目をチェックしてください。
※If you give us permission to expose data please check it.
 Callsign Location Date Data

受信衛星名:
Satellite:
 SPROUT

受信変調方式:
Format of received data:
 CW FM packet(AFSK/GMSK) DigiTalker SSTV MessageBox(Sound/Text) Shutter SSTV

受信データ(CW):
Received data(CW):
※CWデータのアップロードをお願いいたします。(1MB以下,txtファイルのみ)
※Please upload your CW data. (Under 1MB, txt file only)

受信データ(FM packet):
Received data(FM packet):
※FMパケットデータのアップロードをお願いいたします。(1MB以下,txtファイルのみ)
※受信は16進数文字列で表示・保存してください。(ASCIIコードでの表示・保存はしないでください)
※Plase upload your FM data. (Under 1MB, txt file only)
※Plase upload your FM data by hex code .(Not ASCII code).

受信データ(Digitalker):
Received data(Digitalker):
※音声データ内のキーワードをお願いいたします。
※Plase enter keyword form SPROUT degitalker message

受信データ(SSTV):
Received data(SSTV):
※画像データのアップロードをお願いいたします。(1MB以下,jpg,png,gifファイルのみ)
※Plase upload your photo data. (Under 1MB,jpg, png, gif file only)

受信データ(MessageBox Sound):
Received data(MessageBox Sound):
※SPROUTのアマチュア無線ミッションフェーズに合わせ随時公開する予定です
※We will keep upload SPROUT data at amateur mission phase.

受信データ(MessageBox Text):
Received data(MessageBox Text):
※SPROUTのアマチュア無線ミッションフェーズに合わせ随時公開する予定です。
※We will keep upload SPROUT data at amateur mission phase.

受信データ(Shutter SSTV):
Received data(Shutter SSTV):
※SPROUTのアマチュア無線ミッションフェーズに合わせ随時公開する予定です。
※We will keep upload SPROUT data at amateur mission phase.

受信日時(UTC):
Received Date(UTC):
※記入例(2014/05/24/12:05:00)(年/月/日/時間)
※Example (2014/05/24/12:05:00)(Year/Month/Day/Time)
※JST=UTC+09:00:00

受信場所:
Received Location:

Received Location:
※記入例(大学地上局,自宅,Overseas:Country&City)

受信環境(設備):
Received facilities:
※TNCの設備等,当項目にて受信環境(設備)をお教えいただければ幸いです.
※We want to know what you use for received. For example, the name of "hardware TNC" , "Sotware TNC" and so on. If you don't mind my asking, would you tell us your received facilities.

コメント
Comments
※受信した際のご意見ご感想,開発陣へのメッセージ等はこちらへ
※If you have any comments or messages, we'd like to write here.